CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
【便利ツール】Acrobatの注釈機能
0
     編集者として、もっと広まってほしいなあと思っているもの。

    それはAdobe Acrobatの注釈機能です。

    ※データを作る側が注釈機能を入れられるように設定しておけば、
    フリーソフトのAcrobat Readerしか持っていない人でも
    注釈を入れられます。


    これで何ができるかというと、校正。

    この文字をトルとか、代替する文字や文章の挿入、
    コメントの挿入など、
    いわゆる赤字はすべてこれで入れられます。

    送ったデータをプリントアウトして赤字を入れて、
    それをスキャンして戻す、なんて正直ばかばかしい。


    書籍の場合、特に雑誌など画像が多いデータは、
    PDFでもけっこうな容量になりますが、
    注釈だけを書き出せば(fdfというファイルになる)、
    送受信もラクラクです。

    複数の人(著者、編集者、監修者、校閲、権利者など。
    あるいは企業で複数部署の担当者など)の人が赤字を入れても、
    それぞれのfdfをまとめて1つのPDFに集約できるので
    赤字の転記なんて非効率な作業も不要。


    PDF校正はこんなに普及しているのに、
    こんなに便利な注釈機能は全然、認知されていない。
    なんてムダ。

    注釈機能を使うメリットはほかにもあります。

    ・差し替える文章が長い場合でも、
     テキストファイルを別に用意しなくていい
    (こういう場合にテキストファイルを用意しない人は論外です)

    ・修正するオペレータが注釈の文字をコピペすれば、
     転記ミスがなくなる

    ・赤字の1つ1つがチェックリストになっているので、
     修正漏れがなくなる


    こんなに便利なのに広まらない大きな理由の1つは、
    プリントした状態で見ないとチェックできない、という
    アナログ至上主義とでもいう風潮かなという気がしています。

    (そもそも注釈機能なんて知らんっていう人のほうが
     多いですけど!)


    いいんですよ、別にプリントアウトして見ても。
    でも、それを見ながら赤字はデータに入れたっていいじゃない。

    どうせ長文の修正の場合、
    文字数合わせはエディタでやってたりするわけでしょ。

    って思うんですけどね……。


    「やった気がしない」とか「画面じゃわからない」とか
    理屈じゃない、気持ちの抵抗って大きいですよね。
    どんな問題においても。

    ちなみに私は画面上だけでチェックすることも多いですが、
    それでミスしたとかクレームがついたとか一切ないですし、
    プリントしたものを見て見逃しに気づくとかもないですね。

    むしろ画面上ではものすごく拡大できるので、
    紙で見るより精度が上がる気がします。

    要は慣れの問題。

    実際、若くてデジタルツールに慣れていそうな人には
    やりかたを説明するとけっこう使ってもらえます。

    それ以外では、パートナーデザイナーとの仕事でしか
    活用できていない現状。残念です。

    Adobeさん、もっと頑張って広めてくれないかなあああああ〜。
    | 便利ツール | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    | 1/1PAGES |