CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
【便利ツール】Acrobatの注釈機能
0
     編集者として、もっと広まってほしいなあと思っているもの。

    それはAdobe Acrobatの注釈機能です。

    ※データを作る側が注釈機能を入れられるように設定しておけば、
    フリーソフトのAcrobat Readerしか持っていない人でも
    注釈を入れられます。


    これで何ができるかというと、校正。

    この文字をトルとか、代替する文字や文章の挿入、
    コメントの挿入など、
    いわゆる赤字はすべてこれで入れられます。

    送ったデータをプリントアウトして赤字を入れて、
    それをスキャンして戻す、なんて正直ばかばかしい。


    書籍の場合、特に雑誌など画像が多いデータは、
    PDFでもけっこうな容量になりますが、
    注釈だけを書き出せば(fdfというファイルになる)、
    送受信もラクラクです。

    複数の人(著者、編集者、監修者、校閲、権利者など。
    あるいは企業で複数部署の担当者など)の人が赤字を入れても、
    それぞれのfdfをまとめて1つのPDFに集約できるので
    赤字の転記なんて非効率な作業も不要。


    PDF校正はこんなに普及しているのに、
    こんなに便利な注釈機能は全然、認知されていない。
    なんてムダ。

    注釈機能を使うメリットはほかにもあります。

    ・差し替える文章が長い場合でも、
     テキストファイルを別に用意しなくていい
    (こういう場合にテキストファイルを用意しない人は論外です)

    ・修正するオペレータが注釈の文字をコピペすれば、
     転記ミスがなくなる

    ・赤字の1つ1つがチェックリストになっているので、
     修正漏れがなくなる


    こんなに便利なのに広まらない大きな理由の1つは、
    プリントした状態で見ないとチェックできない、という
    アナログ至上主義とでもいう風潮かなという気がしています。

    (そもそも注釈機能なんて知らんっていう人のほうが
     多いですけど!)


    いいんですよ、別にプリントアウトして見ても。
    でも、それを見ながら赤字はデータに入れたっていいじゃない。

    どうせ長文の修正の場合、
    文字数合わせはエディタでやってたりするわけでしょ。

    って思うんですけどね……。


    「やった気がしない」とか「画面じゃわからない」とか
    理屈じゃない、気持ちの抵抗って大きいですよね。
    どんな問題においても。

    ちなみに私は画面上だけでチェックすることも多いですが、
    それでミスしたとかクレームがついたとか一切ないですし、
    プリントしたものを見て見逃しに気づくとかもないですね。

    むしろ画面上ではものすごく拡大できるので、
    紙で見るより精度が上がる気がします。

    要は慣れの問題。

    実際、若くてデジタルツールに慣れていそうな人には
    やりかたを説明するとけっこう使ってもらえます。

    それ以外では、パートナーデザイナーとの仕事でしか
    活用できていない現状。残念です。

    Adobeさん、もっと頑張って広めてくれないかなあああああ〜。
    | 便利ツール | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    【おすすめフリーソフト】Speeeeed
    0
      表記統一ってホント面倒です。

      紙ベースだった頃に比べれば
      エディタの検索置換機能を使えるのでだいぶラクでしょうけれど。

      フリーソフトを使えば、もうちょっとラクできます。


      例えば、「例えば」→「たとえば」と統一したい場合、
      ファイルが複数に分かれていても、一発でまとめて置換できます。

      そんな便利なフリーソフトが「Speeeeed」。

      しかも、これのスバラシイところは、
      一語ずつではなく、リストを一喝変換してくれるところ。


      MacならJeditというエディタを使えば
      複数ファイル置換機能も内蔵されているんですが……。

      残念ながら、Windowsでは、
      そういう機能のついたエディタは見つけられませんでした。
      (いつかできるor私が気づいてないだけという可能性はあります)


      活用のある単語は目視で確認しながら変換しないといけないので
      最終的には検索しながらチェックしていくしかないのですが。

      チェックしなければならない単語の候補が減るだけでも
      だいぶ作業がラクになります。


      ▼ダウンロードはこちらから
      | フリーソフト | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      【オススメツール】ポメラ
      0
         原稿を書くのは会社でも家でもどこでもできるわけですが、
        一番、邪魔なのはインターネットです。

        資料を調べようと思ってブラウザを開いたら最後。
        気づけばmixiやらTwitterやらFacebookやら、
        あるいはネットサーフィンをしている自分に気づく。
        そして落ち込む……(苦笑)。

        こんな悪循環を断ち切る最強ツールがポメラです。

        ポメラって何? という方には、
        詳しくはキングジムのサイトをご覧いただくとして。

        まあ、一言でいうなら、
        ケットに入るイター」、だったかな、確か。


        要は、ミニミニサイズのワープロです。

        テキストを打つことしかできない。
        だから、それだけに専念できる。

        ノートPCだラップトップだスマホだiPadだと
        小さくてもいろいろデキるヤツ全盛の時代に、
        あえての単機能ツール。

        ということで、一部で話題になりました。


        私が持っているのは初代DM10なので、
        ホントに何もできません(笑)。

        1ファイルの文字数も少なくて、microSDしかない。
        ちょいと不便ではありますが、
        それでもテキスト入力には最高のツールです。

        取材後、ちょっと喫茶店によってメモをまとめておけば
        あとの作業がとってもラクになるし、
        プレスリリース中にどんどんメモして即、記事にすることも可能。

        ランチを食べながら、その記事を書いていた時期もあります。
        新幹線で、ICレコーダーの音声を聞きながらテープ起こししたりね。

        電車でも、座って開いて即入力、という軽快な動作は本当にすばらしい。


        唯一最大の弱点は、キーボードがちょっと弱いこと。

        さすがにバキっとやっちまった〜、なんてことはないものの、
        半分に折りたたむところが弱いみたいで、
        入力できなくなって修理に出したことがありました。

        その後、調子が悪いときはちょっと振ると直るということが判明。
        なんともあやうい機械ではありますが、いいです。

        どうしても仕事がのらないときは、ポメラを持って喫茶店に行きます。


        その後のモデルでは、
        ファイルをQRコード変換してケータイで読み取るとか、
        扱えるファイルサイズが大きくなったりとか、便利になっています。

        さらに最新モデルは折りたたみ式じゃなくなったりとか、
        まあ、いろいろ出ていますので、ぜひ店頭でお試しを。


        ちなみに、初代DM10はいまやすっかりお手頃価格になっています。
        私が買ったときは1万円以上したのになあ…(ため息)。

        定番モデルはさすがに1万円以上するようですが、

        私が次にねらっているモデルは、
        折りたたみ式じゃないけどスリムなDM100

        いよいよバックライトが搭載されたそうで。
        これはうれしい。

        喫茶店ってちょっと薄暗かったりするのでね。
        | デジモノ | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        | 1/2PAGES | >>